【タガタメ】ゼノ・ベルト(光騎士の罪域<強欲>)攻略!!登頂しました【30F】

タガタメ ゼノ・ベルト(光<強欲>) クリア 30F 攻略
この記事は約4分で読めます。

ゼノ・ベルト(光・強欲)をゾンビアタックオートで28Fまで登り(回復あり)、
29F、30Fを手動で回し、クリアしました。
今回は最後となる30Fの様子簡易まとめ。以下

編成、30Fのポイント(気になった点)

編成

最後の階層ということもあり、他属性のユニットも使い、
何度も出撃を繰り返しました。途中1回回復しました。

ゼノベルト 30F 編成
1発目の編成。

1番目と5番目に移動力のあるユニットを使うと手前側にいる
呪法剣豪を狙いやすいです。

下記にも書いていますが、それぞれの敵が
厄介な特徴を持っているので、ユニットをフル活用し、
1体ずつ仕留めていきました。

確認倒した順番は、
呪法剣豪→暗殺者→弓使い→サムライ。

ポイントや気になった点等

30F

確認敵の編成は・・
呪法剣豪【不死】・・4体、
サムライ・・4体、
弓使い・・3体、
暗殺者2体。

確認敵の特徴としては・・
・敵はすべて射撃耐性あり。
・サムライは範囲耐性があり、範囲攻撃が効かない。
・弓使いは、永続のバフ無効レイン連発。
・呪法剣豪は不死だが、呪法剣豪自身のリアクション発動で倒せる
・呪法剣豪は一定ターンが経過すると、大ダメージの全体攻撃をする。
・暗殺者は素早さが高く、開始早々実質行動1ターンの『黄泉渡し』をしてくる。
・サムライ、暗殺者、呪法剣豪の攻撃は1万台で、一発落ちする。

この辺りを抑えつつ、一体ずつ倒していく形をとりました。

倒した順番は 呪法剣豪→暗殺者→弓使い→サムライ。

攻略手順としては・・

①まず手前の呪法剣豪2体を倒す。
暗殺者の『黄泉渡し」を無効にするため、プロフェッサーで予防薬をかけました。
両サイドのユニットは手前側にいる呪法剣豪を攻撃しました。
残ったユニットは暗殺者にダメージを入れていきました。

②③オバクロ持ち2、プロフェ1、移動力あり4で奥の呪法剣豪を倒す
次に、奥側にいる呪法剣豪 を倒すために、上記のジョブで編成し出撃。
プロフェで『黄泉渡し』を無効にし、オバクロを移動力のあるユニット
にかけて、 呪法剣豪を狙っていきました。
2回出撃でしたが、 奥側にいる呪法剣豪を倒せました。

④⑤⑥残っている闇で編成し、できるかぎり暗殺者をけずる。
属性を無視し、少しでも暗殺者にダメージを入れるために、
3回出撃しました。

例えばこんな編成も

ベルタのダメージパネル設置等のスキルを利用し、少しでもダメージを与えました。

また、 天候師が落ちないように他のユニットで囲みながら、スキルの『瞬間最大風速』を
火力にしました。その時にパネルも設置し、進行妨害とダメージを稼ぎました。

ここで暗殺者をすべて倒せました。

残りはサムライ4と弓3。

ここで全回復をしました。

⑦弓使いを狙う
ジン、ビルギッタ、プリシラ、テレサ(猛獣)、クリーマ、適当×2で編成。
スキルや武具でジャンプをあげて正面と左奥の弓使いを倒しました。

⑧残りの弓使いを倒し、サムライを倒していく。
クダン、エマ、キャロル、ネフェルティ、ゴルマラス、クウザ、アナスタシアで編成。
キャロルの武具アビリティ「リストアデリバリー」をうけて移動開始。
左右に動くことで弓のバフから外れることができました。

クダンはスサノオ→デッドジエンドで手前黒騎士処理(一撃)。その後は黒騎士をまち、近づいてきたらスサノオ→攻撃で少しでもダメージを与えました。

ゴルマラスはエマとネフェリティからオバクロ受け、溜めて弓を倒しました。

その後はサムライにやられるので、サブ×2出出来るだけ削っていきました。

キャロル、エマ、ネフェリティはサポート

⑨残ったサムライを倒す
弓がいなくなったので、「溜める」や「バフ」が可能になりました。
サムライは単体攻撃でしかダメージが通らないので、単体攻撃の強いザハル、
バシーニ等を使用し、商人や奇術師でサポートしてクリアしました。

クリアしてみての感想

タガタメ ゼノ・ベルト(光<強欲>) クリア 30F

前回よりも簡単な印象でした。やはりユニットや武具、念装がそろっていると
それだけでオート攻略がしやすくなりますね。

30Fに関しては複数回にかけて出撃してのクリアでしたが、
うまくユニットを動かしていけば、もっと出撃数を減らしてクリアもできそうでした。

以上、 ゼノ・ベルト(光騎士の罪域<強欲>)30Fの攻略の様子でした。

誰ガ為のアルケミスト

誰ガ為のアルケミスト

gumi Inc.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました